アミノ酸不足が引き起こす不調は3つ!

タンパク質は体内で多くの役割を担っています。

 

主な特徴は以下の4つです。

 

  • 臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪や爪など体の材料になる
  • ペプチドホルモンや神経伝達物質を構成している
  • 免疫機能を高める
  • 酵素を構成する

 

人間の体は約10万種類のタンパク質から構成されています。

 

そしてこのタンパク質は、わずか20種類のアミノ酸が数十〜数百個以上の鎖状につながってできています。

 

また、20種類のアミノ酸のうち9種類は体の中で作り出すことができないため、食物から摂ることが必要です。

 

アミノ酸が不足して、たんぱく質が体内で作れなくなると、様々な不調が起こります。

 

その不調とは、「筋肉量の減少」、「肌や髪のトラブル」、「集中力・思考力の低下」の3つ。

 

詳しく見ていきましょう。

 

筋肉量の減少

 

ダイエットや減量のために低カロリーの食事ばかりをしていると、必要なエネルギーを確保しづらくなります。

 

体内に入ってくるエネルギーが減少すると体は危険を察知して、筋肉を分解することで生きていくために必要なエネルギーを作り出します。

 

つまり、必要なエネルギーを補給しないまま生活していると、エネルギー源を筋肉に頼らざるを得なくなり筋肉量が減ってしまう可能性があります。

 

低カロリーの食事や高脂肪の食事を続けて体内のタンパク質を不足させてしまうと、結果として基礎代謝量が落ちて太りやすく痩せにくい体質を作りやすくなってしまいます。

 

また、摂取した脂肪が消費されずに内臓回りに溜まる症状、いわゆる「メタボリックシンドローム」を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

肌や髪のトラブル

 

男女問わず、髪や肌は丈夫に保っていたいものです。

 

特に女性は、肌のハリやツヤ、弾力を維持するコラーゲンを失いたくありませんよね。

 

しかしコラーゲンもタンパク質から構成されています。

 

体内のタンパク質が不足してしまうと、コラーゲンそのものが減少してしまいます。

 

皮膚組織の大部分を占める真皮の材料となっているのもコラーゲンです。

 

コラーゲンにエラスチンという体の構造を担う構造タンパク質が加わり、肌に弾力を与えると言われています。

 

タンパク質が不足することでエラスチンの働きも活発に行われにくくなり、シワやたるみの原因につながると考えられています。

 

また、髪の毛の大部分はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。

 

ケラチンは20種類あるアミノ酸の種類のうち一部が結合して作られる成分です。

 

アミノ酸不足は枝毛や切れ毛の原因にもつながります。

 

丈夫な髪の毛を作るどころか、薄毛を招く可能性もあるので要注意です。

 

集中力・思考力の低下

 

やる気を出してくれるドーパミンや気持ちをリラックスさせるセロトニンなどの神経伝達物質は、アミノ酸からできています。

 

そのためタンパク質が不足すると、神経伝達物質が脳内で普段のように作られず働きも鈍くなってしまいます。

 

なんだか最近物事がうまくいかない、知らず知らずのうちにぼーっとしていると感じたりしていませんか?

 

タンパク質不足による神経伝達物質の鈍化によって、集中力や思考力が低下している可能性があります。

 

心身の不調はさまざまな要因によって起こりますが、体内のタンパク質不足が原因となって不調を招いていることも考えられます。

 

症状を悪化させないためにも、まずはアミノ酸をしっかりと補いましょう。

 

アミノ酸を補うならすっぽん小町がおすすめ

 

 

すっぽん小町の公式サイトはこちら

 

すっぽん小町は、良質のコラーゲンとアミノ酸の宝庫であるすっぽんを、丸ごと粉末にしたサプリメントです。

 

佐賀県で育ったすっぽんを余すところなくサプリメントにしているので、効果はお墨付き。

 

アミノ酸をしっかり摂ることで感じる効果はいろいろ。

 

  • カサカサだったお肌が潤った
  • 肌あれが起きなくなった
  • お肌にハリがでてきた
  • 髪にツヤが出てきた
  • 元気に過ごせるようになった
  • 疲れにくくなった
  • 朝すっきり起きられる
  • 爪が割れにくくなった

 

こんな効果を感じている人が多いんです。

 

公式サイトからならお得な購入方法も用意されていますので、一度公式サイトをチェックしてみましょう。

 

アミノ酸不足で起こる症状3つ!

 

 

アミノ酸不足で起こる症状3つ!

 

すっぽん小町の効果はいつから出るのか知りたい人はこちら